一般社団法人 愛知県専修学校各種学校連合会

専門学校とは

専修学校とは

専修学校の中で専門課程を設けている学校を専門学校といいます。

「専修学校」は、1975年7月11日「職業教育」を実践する新しい教育機関として誕生し、職業教育・技術教育の機関として充実、発展をしてきました。この制度では、目的・課程の種類や修業年限、授業時数、教員、施設、設備等か具体的に定められ、これらの条件を都道府県知事が審査した上で、適正であると認められたものだけが専修学校として認可されます。そしてこの専修学校の中で「専門課程」を設置する学校だけが「専門学校」と称することができるのです。専門学校には様々な特典が認められていますが、認可を受けずに教育活動を実施している機関もあり、名称だけではわかりにくい場合もあるため、それらの機関を無許可校と呼んでいます。無許可校は、学歴・学割など、不利な場合もあるのでよく確認することが必要になります。このサイトでは、認可校のみを紹介しています。

専門学校

※このサイトに掲載されている学校は全部、認可校です。

専門学校ならではのさまざまな特典が認められています。

01.称号
二年制以上の課程を卒業した者に、「専門士」の称号が与えられます。四年制以上の課程を卒業した者に、「高度専門士」の称号が与えられます。
02.大学への編入学
二年制以上の課程を卒業した者に、四年制大学の三年次への編入学が認められます。
03.大学院入学
四年制以上の課程を卒業した者に、大学院への入学が認められます。
04.学割
JR及び各私鉄の指定校で修業年限1年以上の課程に在籍するものに適用されます。
05.奨学金
修業年限2年以上の課程に在籍する者には、日本学生支援機構の奨学金が適用されます。また、居住する市町村により独自の奨学金制度もあります。
06.損害保険
安心して教育が受けられるように「専修学校各種学校災害傷害保険制度」が運営されています。
07.就職指導
知事に届け出ることで「無料職業紹介事業」が行えます。この制度の適用を受けて活発な就職指導が実施されています。

※学校により異なる場合があります。

専門士

社会に通用する人材の証「専門士」の称号でスペシャリストをめざそう。

職業や資格に直結した専門技能を学ぶことができるのが専門学校のカリキュラムの特長です。一定の要件を満たしていると認められた専門学校を卒業すると「専門士」(注1)の公的称号が与えられ、その称号は、大学を卒業した場合の学士(短大は準学士)と並び、社会に適用する人材であることの証明になります。

(注1)

次の3つの要件を満たしていると文部科学大臣が認めた学校(学科)の卒業生に、「専門士」の称号が与えられます。

  1. 修業年限2年以上であること
  2. 課程の修了に必要な総授業時数が1700時間以上であること
  3. 試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を行っていること

編入学

大学三年次への編入学が可能。

学校教育法の改正により、1999年4月から専門学校卒業者の大学への編入学制度がスタートしました。専門学校での2年間の学習は、大学や短大での2年間と同等だということが認められたのです。編入学の資格は、修学年限2年以上、総授業時数1,700時間以上となっており、これは「専門士」の称号付与の要件と同じです。「専門学校案内」に掲載されている学校のほとんどは、この要件をクリアしています(1年制学科は対象外)。専門学校の2年間で自分のめざす専門分野を学んで卒業。その後大学に編入学して2年間学び卒業すると、専門学校卒業(専門士)・大学卒業(学士)の2つの資格を取得することができるのです。

編入学

学校を選ぶ

ひとくちに専門学校といっても、実に多彩な種類の学校があります。将来なりたい仕事を考えて、学校を選びましょう。

自分の将来を思い描いてみよう
将来どんな風に暮らしたい? どんな自分でいたい? なんとなくイメージしてみよう。漠然としていた夢がだんだん見えて来たら、それに向かって目標をたてていきましょう。
自分の特技や個性って?
自分の好きなことや、得意なことって? それを仕事に生かせられれば、やりがいも生まれるし、結果も生まれるもの。周りの人のアドバイスも参考にしてみましょう。
やってみたい仕事をピックアップ
自分のことがなんとなく分かってきたら、数ある職業の中からやってみたいことをあげてみよう。その中から自分の特技や個性に合ったものを見つけよう。
仕事の情報をあつめてみよう
やりたい仕事の情報をあつめてみよう。その仕事の様々な面が見えて、本当にやりたい仕事なのかどうかが分かるはず。先輩の生の声も聞いてみて!
職種をひとつにしぼろう
さあ、もう自分の進むべき道がだんだんと見えてきたかな?興味のある職種がいくつかある人は、ここでよく考えて目指す道をひとつにしぼろう。
目標達成のための計画表を作ろう
目指す道がはっきりと決まったら、あとはそれを達成するための計画をたてるだけ。自分に合った計画をたてて、表にしよう。あとは目標に向かってがんばって!

行きたい学校が決まったら

ひとくちに専門学校といっても、実に多彩な種類の学校があります。将来なりたい仕事を考えて、学校を選びましょう。

体験入学には行ってみた?

学校の雰囲気
在校生の様子
実習設備
交通の便

授業内容はきちんと把握した?

カリキュラム
年間スケジュール
講師の先生

先輩達の進路状況はどう?

就職実績
就職指導
希望する求人

学費は?奨学金などは?

初年度納入金
授業料以外の費用
奨学金制度など